【人喰い】​16

「……」

人喰い妖怪の山祟りは、緋天山を下りて 人間のいる街に向かった

 

炎焔坊は空高く飛び上がり、山祟りを探しに街まで飛んで行った。

緋天山に残された夏巳と小天狗の小風丸は、顔を合わせることなく気まずい雰囲気で、炎焔坊の帰りをただ静かに待つ事となった

 

「お前……」

 

長い沈黙に耐えられなくなった小風丸が、夏巳に話しかけた。最初の一言があまりにも怒っているような声だったからか、夏巳は一瞬ビクッとした

 

「もう一人の子供はどうした? 一緒にいただろ、それと……何で下駄や靴も履かずに、裸足のまま赤界門をくぐってこんな山奥まで入って来たんだ?」

 

 

泥だらけになった夏巳の足元を見ながら、小風丸が呆れたような顔でそう言うと、夏巳は慌てて言った

「赤界門って……見てたの!? オレがあの赤い門を潜るとこ」

 

小風丸は黙ったまま頷く。夏巳は少し緊張しながらも、身振り手振りで今までの事を小風丸にすべて話だした

 

「あいつは子供なんかじゃなかった。白い毛玉みたいな……妖怪だったんだ! オレも最初は普通の女の子だと思った」

「白い毛玉みたいな妖怪?」

 

「あいつはオレに、山の奥に行けば良いものが見れるよって言ったんだ」

 

「それでお前、ついて行ったのか?」

 

「すぐそこだからって、あいつが言ったから……だからオレ、信じてそのままついて行った。けど、山の奥についたらいきなり襲われたんだ! 女の子はあいつが操ってた 人間の死体だった!」

「人間の死体? ──なんだ もうひとりの子供は、山祟りの傀儡だったのか」

「わからない。オレ怖くて……走ってあいつから逃げて来たんだ、でもどっかで足を踏み外して、そのまま山崖から落ちて……それから」

──炎焔坊に助けられた?

「──なんだ、そうだったのか……山祟りが緋天山を下りたのはお前が原因だったんだな」

「えっ、オレが!? なんで」

「なんでって? ──お前が大人しく喰われていれば、山祟りは緋天山を下りたりしなかった」

──はぁ!?

「緋天山にいる妖怪が人間の子供を襲った。そんな事を、焔の町に住む人間たちが知ったらどうなる?──きっと、みんな大騒ぎだ」

夏巳の驚いた顔を見た小風丸は、不愉快な顔をして話しを続けた

「山祟りは掟を破り。炎焔坊さまに背を向けた、あいつはすぐに処刑される。前にも炎焔坊さまが可愛がっていた、子熊を丸呑みにして すごく怒られたんだ。次は絶対に許してもらえない」

「熊を丸呑みって……じゃあ、あいつはただ 腹が減ってるだけ? 人間だけを食べる悪い妖怪じゃないの?」

夏巳は、山の中で自分を追いかけて来た 山祟りの事がなんだか少し気になった。

そんな変な好奇心にかられた夏巳の顔を見た、小風丸はイライラしながら言った

「お前を喰いそびれた山祟りは、きっと他の人間を襲う……お前のせいでみんな大騒ぎになる。ボクまで炎焔坊さまにこの山を追い出されるんだ……お前なんか緋天山に来なければよかった。ホント最悪だ」

 

小風丸の姿がまるで子供の妖怪だから、話せば分かり合えるかもしれないと、淡い期待をした夏巳だった。

しかし小風丸のあまりにも冷たい態度に、夏巳は口を開いて会話をする気すら失せてしまった。

 

──なんなんだよ……オレのせいで追い出される? 何言ってんだよ

 

黙り込んだ夏巳の顔を見て小風丸は、フンッと言ってそっぽを向いた

 

夏巳は明るくなっていく朝の空をゆっくりと見上げながら、心の中で

自分を助けに来てくれた炎焔坊が、早くこの場所に帰って来ればいいのになと少しだけそう思った

 

 

 

 

_____________________

_____________________

 

 

 

 

山祟りは各商店の裏に置いてある、大きなゴミ箱を勢いよくひっくり返した。商店街の裏通り道は、散らかった生ゴミだらけとなり、酷い悪臭を放っていた

 

グシャ グシャ……モシャ モシャ……

山祟りは地面にひっくり返った青色のバケツ型ゴミ箱の中に、ふわふわとした毛玉のような丸い体を無理矢理突っ込み、夢中で腐った生ゴミを貪っていた

 

背後からゆっくりと自分に近づいて来る、知らない誰かの影に気付きもせずに

山祟りは、小さな手で大きな口の中に次々と生ゴミを放り投げていく、──すると

「うちの店の裏で何をごそごそやってるんだ! この妖怪!」

山祟りは、一人の中年男に背後からいきなり怒鳴られ、硬い棒のような物で強く殴られた。

──ドカッ!

 

山祟りが青色のバケツ型ゴミ箱をひっくり返した時、外から聞こえる 大きな物音に気がついた店の主人が、外の様子を見に来たのだ

 

店の主人に殴られ。ゴミ箱と同時に勢いよく地面に倒れた山祟りは、細い手足をバタバタと揺らしながら立ち上がろうとした

しかし店の主人は、地面に倒れて必死に起き上がろうとする山祟りを、硬い棒のような物で何度も何度も強くブン殴った

 

「二度とうちの店で意地汚いねぇことをするな! このッ、このッ、悪い妖怪め!」

強く殴られた山祟りはピクリとも動かなくなり「死んでしまったのか?」と店の主人が恐る恐る山祟りに顔を近づけた、その瞬間。

山祟りの細い前足が、鋭く尖ったナイフのように素早く変形し、覗き込んで来た店の主人の胸を勢いよく貫いた──グサッ!

「──うぅッ」

店の主人は悲鳴をあげることもなく、ピクリとも動かなくなり。貫かれたその胸からは、ポタポタと赤い血が地面に流れ落ちていった

山祟りは、自分の鋭くなった前足で串刺しにした店の主人の死体を、大きな口を開けてゆっくりと呑み込んだ。そんな山祟りの姿を、空の上から見つめる炎焔坊がいた──

「……山祟り、また私に隠れて人間を喰ったか。どうしようもない馬鹿な奴だ」背中の紅の翼をバサバサと羽ばたかせ、炎焔坊は怒りの目つきで吐き捨てるように言った