【火焔の妖怪の力】​17

店の主人を呑み込んだ山祟りは満腹になり。

地面につくほどの大きく膨らんだ腹を、ゆっくりと引きずりながら、その場から静かに立ち去ろうとした その時。

 

 

──ドスッ。

 

赤い閃光のような一本の鋭い矢が、山祟りの背中に突き刺さった。

 

その刺さった矢はまるで海の中にある血赤珊瑚のような、とても美しい色と形をしている。

 

カタン カタン カタン……

 

山祟りは、自分の後ろから近づいてくる。高下駄で歩く 誰かの足音に気がつくと、恐る恐る後ろを振り返った。

 

「エンエンボウ ガ……キタ」

 

山祟りは、一瞬 全身の血管が浮き上がりピタリと動きを止めた。

 

炎焔坊は片手に大きな赤い弓矢を持ち、山祟りにゆっくり近づくと

眉間に皺を寄せ 不快な物を見るような、とても冷たい目をして言った。

 

「山祟り……答えろ。なぜ 私の許可なく人間を襲った」 

 

「ハラガ……ヘッタ」

 

「人間の代わりになる食べ物なら、今朝 僧侶たちがお前の為に山程用意したはずだ。何故それを食べなかった?」

 

「ナイ……ナイ クイモノ……ガ、ナイッ!」 

 

山祟りが苦しそうな声でそう答えると、炎焔坊は山祟りの背中に刺さった矢を乱暴に引き抜いた。

 

矢に付着した山祟りの赤い血を見ると、炎焔坊は言った?

 

「お前がしたことは大罪だ。もう見過ごす事は出来ない── 」

 

矢は、赤から黒い色に変わり。炎焔坊が地面に投げ捨てると瞬く間に燃え、灰となって散っていった。

 

 

 

「──!!」

 

 

_____________________

_____________________

 

 

 

「あー。戻って来た」

 

小風丸は自分の小さな手で、眩しい朝の日差しを避けながら上空を見上げ 独り言のようにポツリと言った

 

「えっ?」それを聞い夏巳も、小風丸と同じ方向を見る

 

空は、雲ひとつ無く 目が眩むくらいに鮮やかな青い色をしている。

 

夏巳は遠くの空に、小さな黒い点のようなモノが見えることに気がついた。

 

「ん? 何だアレ? なんか……こっちに向かって来てる」

 

「炎焔坊さまだ。山祟りを連れて緋天山に戻って来た」

 

「山祟りも連れて戻って来たの……あんな危ないやつを?」

 

「焔の町商店街では、人間たちが暮らしてる。どんな理由があっても、街で殺生はしないと炎焔坊さまは、寺のおじいちゃんと固い約束を交わしてるから」

 

「殺生って──」

 

「近づいて来た。ここは危ない、ちょっと隠れるぞ」

 

「えっ、なに? 隠れるの? ちょっ……ちょっと!」

 

小風丸は、夏巳が着ているパジャマを背中から片手で鷲掴み。

自分の背中にある白い翼を羽ばたかせ 夏巳を抱えて風のようにふわりと飛び立つと、高い木の上へ 登った。

 

 

──次の瞬間。

 

緋天山に向かって、空から勢いよく山祟りが飛んで来た!

 

くるくると回転するサッカーボールのように、山祟りが山の木々に激しく衝突すると、木の上に隠れていた小風丸と夏巳は、驚いて同時に声を上げた。

 

「うわぁっ!!」